沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな〜ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

沖縄 浦添てだこまつり

HOME季節のイベント7月>てだこまつり
浦添市のお祭り 【てだこまつり】をご紹介致します。

☆浦添の夏の風物詩
浦添の夏の風物詩といえば、「浦添てだこまつり」です。 浦添てだこまつりは、昭和53年に「てだこの都市・浦添」づくりの一環として始められ、市内の各自治会、婦人会、老人会、青年連合会、市商工会議所に青年会議所など多くの市民団体が結集し、運営しています。市内外から約14万人もの人々が集まる名実ともに浦添を代表するまつりです。また、平成9年度からは、通商産業省電源地域産業育成支援補助事業として、「太鼓カーニバルinうらそえ」がまつり初日に開催されています。
☆太陽(てぃーだ)の子
「てだこ」は沖縄の方言で「太陽(てぃーだ)の子」を意味しています。かつて浦添が琉球の王都として繁栄した時代の「英祖王」を太陽の子、「てだこ」と敬称したことに由来します。 浦添市では都市像を「てだこの都市・浦添」に設定し、「すべての市民が太陽のように光り輝く、世界に開かれた活力あふれる、平和で豊かな住みよいまち」を目指しています。
てだこ火
「てだこ火」:の採火は、まつり最初の催し物で、伊祖城跡にて、太陽の火から採火されます。その「てだこ火」は青少年によってまつり会場までリレーされ、炬火台でまつり最終日まで燃え続け、てだこまつりを見守ります。
☆ミスてだこ ・ 市民パレード
「ミスてだこ」:浦添市の親善大使として、活躍する「ミスてだこ」前年度のミスより新しいミスへの引継が行われます。

市民パレード:市内の各自治会を中心に、市民団体が毎年30チーム程参加し、運動公園内をパレードします。各団体、工夫をこらした演舞がステージ前に華を咲かせます。
☆市民音頭 ・ 青年エイサー
市婦人連合会による、集団演舞「市民音頭」です。会場いっぱいに、女性パワーがあふれています。 「青年エイサー」は、てだこまつりのフィナーレを盛上げ、まわりの観客、会場内が一体となって“カチャーシー”で賑わいます。そして、花火が夜空を飾り、てだこまつりの幕をとじます。

期間:7月22日(土)・23日(日)
場所:浦添市
会場:
浦添運動公園、浦添市民会館、牧港漁港

問合せ先:

098-876-1234
(浦添てだこまつり実行委員会事務局)
主なアクセス
交通 :沖縄モノレール古島駅からバス10分

バス停 :浅野浦(浦添運動公園前)→徒歩1分 ドライブ

沖縄道西原ICから国道330号経由で10分

駐車場: あり  料金 :無料
スポンサードリンク

沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved