沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな〜ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

沖縄 与那原大綱曳!

HOME季節のイベント8月>与那原大綱曳
400年以上長い歴史を持つ【与那原大綱曳】をご紹介致します。

☆与那原大綱曳
与那原の大綱曳の起源は、今をさかのぼること400年以上前、尚永王(1573〜1588)時代といわれています。無病息災、子孫繁栄の願いを込めてはじまりました。東西に分かれた雌雄二本の大綱がカナチ棒で結ばれると、「サーサーサー」の掛け声のもと人々が一気に引き合います。金鼓隊による太鼓や鐘が打ち鳴らされ、旗頭が大空に舞い、メーモーイ(前舞)が雰囲気を盛り上げます。毎年、開催日は「旧暦の6月26日以降の日曜日」と現在でも旧暦が基準で、今年は8月12日(日)がその日にあたります。大綱曳の他、コンサートや花火などが予定されています。
☆その歴史
与那原の綱曳の起源は、尚永王(1573〜1588)までさかのぼるといわれている。その由来は全沖縄に琉布する。綱曳由来と同じで、次のようにつたえらてれいる。ある年、稲が不作のうえに害虫が発生し人々は餓死寸前であった。途方にくれた村頭はアムト(堤)の下に捨てた老人に相談したところ、村民総出で鐘、太鼓を打ち鳴らし、大声をだしながら綱を曳くようにと教えてくれた。この事をきいた王は、毎年綱を曳いて豊年祈願することを奨励し、老人を捨てる事を禁じたといわれている。
☆綱について
与那原の綱は、雄、雌とも各区(12区)で割り当てにて綯われた網(16本)をヤーマにかけ、2本の網を合わせ、1本に編まれた綱 東、西それぞれ4本を中央から折り返し、8本を本体として束ねて作られ、重さが両綱併せて5トン、長さが50間(90m)となる。そのような大綱は、県内でも少なく那覇綱、糸満綱ともに三大綱として知られている。また、各市町村でおこなわれている綱と異なるのは、綱の途中に枝綱があることや、カナチの巻き方に特徴がある。
◆ 各区(12区)に割り当てられ、準備される綱 ◆
100m:2本 100m:2本
90m:2本 90m:2本
80m:2本 80m:2本
70m:2本 70m:2本
枝綱(35m):4本 枝綱(35m):4本
カナチ縄(170m):1本 カナチ縄(115m):1本
☆南部のホテル
【那覇市内ホテル】
那覇市内ホテルは、数が多すぎるのでホテル一覧ページで確認を ⇒ 那覇市内ホテル一覧
【浦添市】
名称 所在地 電話番号 FAX
グリーンビューホテル 〒901-2127
 浦添市屋富祖1-1-1
(098)877-7287 FAX 877-9342
ホテルアメリカンウラソエ 〒901-2133
浦添市城間2561-1
(098)876-8211 FAX874-1688
ホテルウラソエ 〒901-2134
浦添市港川1-34-2
(098)877-7070 FAX 879-0294
みなとホテル 〒901-2131
浦添市牧港2-49-5
(098)877-8385 FAX 876-6511
【知念村】
名称 所在地 電話番号 FAX
ホテルサンライズ知念 〒901-1511
知念村久手堅673
(098)948-1139 FAX 948-1130
安座真ムーンライト・テラス 〒901-1502
知念村安座真1245
(098)948-4133 FAX 948-4133
【具志頭村】
名称 所在地 電話番号 FAX
ザ・サザンリンクスリゾートホテル 〒901-0513
具志頭村玻名城697
(098)998-7001 FAX 998-8001

期間:8月11日〜8月12日
大綱曳の時間帯16:00〜17:00
場所:〒901-1302
島尻郡与那原町字上与那原 16
会場:御殿山青少年広場
問合せ先:
与那原まつり運営委員会
098-945-2265
http://www.town.yonabaru.okinawa.jp/
主なアクセス
交通 :空港から車で約40 分
バス停:与那原・与原から徒歩で約30 分(バス30番)
※交通規制 : 綱曳行列時に国道331号・329号一時規制
スポンサードリンク

沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved