HOME > 沖縄情報 > 沖縄へのアクセス > 沖縄の交通・道路

沖縄の一般道

沖縄の一般道は 3つの大きな国道とその幹線道路・バイパスによって形成されています。
つまり、行きたい所へいくには、まずはこの国道3つに乗って、目的地近くでその幹線道路へ入る。
といった具合です。

<<沖縄の3大国道>>
国道58号線(沖縄のメインストリート)
 この国道は、沖縄本島を北から南へつなぐ沖縄のメインストリートです。
 主に西海岸に沿って走り、那覇空港から浦添市・宜野湾市・北谷町・嘉手納町・読谷村・恩納村・
 名護市・国頭(やんばる)へと沖縄本島最北端辺戸岬へ続いています。

国道330号線(沖縄本島中央を走るバイパス道)
 沖縄本島のほぼ中央を走るバイパス道です。
 那覇空港から本島南部の真ん中まで行き、そこから北上していきます。沖縄自動車道とほぼ平行して本島を縦断していますので、ゆっくり行きたい方は330号のバイパス・早く行きたい方は沖縄自動車道といったように計画を立ててもいいでしょう。しかし、この道は混みます!

国道329号線(沖縄本島の南部を回り、東海岸を北上する国道)
 沖縄本島南部の海岸線と本島の東海岸沿いを北上できる国道です。
 那覇空港から南向けに アウトレットモールあしびなー琉球ガラス村ひめゆりの塔平和記念公園おきなわワールドなどの南部を一周し、西原町より東海岸を北上していきます。
 この道はとにかく路上駐車に注意しましょう!2車線あるからと路駐をする車両が多い!

沖縄一般道の注意点

沖縄の一般道は大変滑りやすく、通常の車間距離では雨のときに事故を起こしていまいます。
沖縄の強い直射日光や塩害でアスファルトが劣化することと、使用している石が石灰岩のため
滑りやすい。特に最近使われている水はけの良い高機能舗装の道路はとても滑りやすい
(高速道路は本土の石を使用しているので滑りにくい)ので注意が必要です。バイクで停車中についている足がズルズル滑ったり、信号待ちからゆっくり発進するときでもタイヤがスリップしてしまうこともあります。最近の車はほとんどABSが装備されていますが、路面がすべるためABSが作動するのが早いです。
急ブレーキをかけてもしばらく滑ります。そのため沖縄でよく見かける事故は雨の日の追突事故です。旅行の方が レンタカーで追突事故を起こしているのをよく見かけます。楽しい旅行にするためにも十分に車間距離をとって運転しましょう。2輪車を運転される方も転びやすいので気をつけてください。
また、沖縄の道路は道路標識があまり整備されていないためか、ある目的地の近くまではレンタカーについているカーナビで行けても目的地付近で迷ってしまうケースが多いようです。事前に目的地付近の地図を調べておくとよいと思います。

沖縄自動車道いろいろ

沖縄の交通・道路
沖縄の交通マナー
沖縄自動車道について
沖縄自動車道 マップ
沖縄自動車道車種区分
料金表 軽自動車
      普通車
      中型車
      大型車
      那覇空港道
日本交通情報センター
Yahoo!道路交通情報