HOME > 沖縄情報 > 本島北部観光地 > 海洋博記念公園

海洋博公園 は意外というか当然広くて、一日で全部回り切れない程沢山の施設が点在しています。


海洋博記念公園

沖縄海洋博記念公園 1975年に開かれた国際海洋博覧会の跡地にあります。園内には、沖縄館、水族館、エメラルドビーチ、エキスポランド、熱帯ドリームセンター等があり、沖縄の陸の自然と海の自然の両方を堪能することができます。 公園は入場料無料です。私的なおすすめスポットはオキちゃん劇場のイルカショー。また、最近話題となった擬似尾びれで泳ぐことができるようになったイルカ「フジ」にも会うことができるかも?9時半~18時(7/21~8/31は19時まで)木曜定休

海洋博記念公園の主な施設

沖縄美ら海水族館 夕陽の広場
熱帯ドリームセンター ニュースポーツ広場
海洋文化館 ちびっことりで
おきなわ郷土村・おもろ植物園 エメラルドビーチ
熱帯・亜熱帯都市緑化植物園 噴水広場
ハイサイプラザ 中央ゲート
バンコの森

 

園内はバスで移動

沖縄海洋博記念公園沖縄海洋博記念公園は意外と広く、園内を一日で回ることができるといっても、いちいち歩いていたのでは、半分で日が暮れてしまいます。そこで便利に利用できるものが 「園内バス」 です。ちゃんと施設毎にバス停があり、電気自動車が巡回しているのです。1日200円で乗り放題。活用しましょう。

沖縄美ら海水族館

沖縄海洋博記念公園 美ら海水族館沖縄美ら海水族館
こちらは、必ず見てください。入場料はかかりますが、海の生物が所狭しと 泳ぎ回っており、見る者を圧倒させます!出口手前の大水槽では、 ジンベエザメ ・マンタなどダイバーしか見ることができない生物が 沢山でてきます。必見!!

マナティー館

沖縄海洋博記念公園 マナティー館水族館をおえて、海のほうに向かっていくと、マナティー館が見えてきます。 人魚と間違えられた動物ですから、一度はみてください。愛くるしく挨拶をしているように見えてきちゃいますよ。・・・ちなみに、2001年に生まれた赤ちゃんが5歳になっています。

海の保育園

沖縄海洋博記念公園 海の保育園水族館で生まれた小さな命が小さいプールで泳いでます。 亀の小さいのや、サメ、エイの子供たちです。かわいい・・・ 子亀は少し触らせてもらうことができます。しかし、勝手にえさを与えることは絶対にしないで下さい。と書いてありました。

ウミガメ館

沖縄海洋博記念公園 海がめ館隣で小さな亀をみたら、さぞかし『でけぇ~』と叫ぶことでしょう。 ウミガメの大水浴場といった感じで、所狭しと巨大なウミガメがわんさかいます。 上から覗くのも良し、通路から水槽の中を覗くのも良し。癒されます??

オキちゃん劇場

沖縄海洋博記念公園 オキちゃん劇場海洋博記念公園へいってきました。 やっぱり、イルカの『おきちゃんショー』にはまりました。水族館が有名になっていますが、10年以上続けられている『おきちゃんショー』 は、やっぱり必見です!! ぜひ、ごらんになってくだっさいねぇ~

その他・・・
癒されたい方はこちらへ 常夏の体験がしたい方はこちらへ
右は沖縄情報海岸遊歩道
沖縄の自然・海を見ながらゆったり
歩きましょう!
右は沖縄情報エメラルドビーチ
遊泳・シャワー無料!遊べます。
沖縄はやっぱり日差しです。
右は沖縄情報熱帯・亜熱帯都市緑化植物園
緑緑緑と植物の豊富な資料を見る
ことができ、知識を高められます。
右は沖縄情報ニュースポーツ広場
シャッフルボードなど、青空の下で、
太陽を浴びてゲーム!!
右は沖縄情報バンコの森
2004年4月にOPENしたばかりの
木々とのふれあいの場所です。
右は沖縄情報ちびっこひとりで
青空の下で子供がのびのび遊べる
広場です。もちろん無料!!

沖縄海洋博記念公園情報

住所: 沖縄県 国頭郡 本部町字石川424

交通 :那覇空港から120 分

沖縄自動車道 : 許田ICから車で約60 分

バス:那覇空港からバスで約165 分(海洋博記念公園で下車。徒歩0分。)

沖縄海洋博記念公園への地図