沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島北部観光地 > 今帰仁城跡 (2005/09/21更新)

沖縄 今帰仁城址


「世界遺産」に指定されている【今帰仁城址】をご紹介します。
☆世界遺産?
今帰仁城跡今帰仁城跡2002年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、世界遺産に登録されました。高台にあるため見晴らしがとてもよく、遺跡と景色の両方を堪能することができます。また、1~2月後半までカンヒザクラが咲き乱れ、花見の名所としても有名です。こちらを観光するなら桜のシーズンが断然オススメです。
☆グスクの中でも別格!!
今帰仁城跡今帰仁城跡県内に300余りあるといわれている「グスク」の中でも、保存状態も良く、沖縄屈指の名城といわれ、首里城とほぼ同規模の大きさ広さが有ります。他のグスクは、戦時中に破壊されたり、それ以前に壊されていたりと小さく残っていることが多いのですが、この2つの城址は別格といえます。
☆今帰仁文化センター
今帰仁文化センター今帰仁城址の近くに、「今帰仁村文化センター」があります。こちらでは、今帰仁の歴史を紹介しており、こちらに寄った後に今帰仁城址に向かうと、また違った感覚で眺めることができる?(私だけかも・・・)
開館時間 午前9時~午後5時
☆今帰仁城址の歴史を少し・・・
今帰仁城跡琉球に統一王国が成立する前には、北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)と呼ぶ三つの小国家が並立し、それぞれが北山・中山・南山王を名乗り対抗した。中国はこれを指して「三山」と呼び、歴史上この時代を三山時代という。 今帰仁(なきじん)グスクを拠点に沖縄本島北部地域を支配したのが「北山(山北ともいう)」であり、最後の城主・攀安知(はんあんち)は腹心の大将・本部平原(もとぶてーはら)とともに、武力の強化・拡充に努め、周辺の按司達から大変恐れられた存在でした。
☆今帰仁城址 入場料と開園時間
今帰仁城跡
料金 個人 団体(10名以上)
大人 ¥400 ¥320
小・中・高校生 ¥300 ¥240
小学生未満 無料 無料
開園時間 9:00~17:00 年中無休
駐車場有 無料
所在地:
今帰仁村今泊4874
今帰仁城跡

今帰仁村商工会
TEL 0980-56-4400
URL: http://www1.ocn.ne.jp/~utwodaru/
主なアクセス
那覇空港から:那覇から国道58号線を約1時間半ほど北上、名護伊佐川より国道505号線に乗り換えさらに30分ほど北上していくと今帰仁城跡の案内板が見えてくるので、これに従って進む

路線バス :旭橋(那覇バスターミナル前)から111番高速バス「名護バスターミナル行き」にて終点・世冨慶下車、20番名護西線、21番名護東線等にて名護十字路下車、66番「本部半島一周線」にて今帰仁城址入口まで(片道 約136分 2640円)
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved