沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島南部観光地 > 糸満市内の観光地 > 喜屋ノ

沖縄 喜屋武岬


沖縄本島の最南端に位置する喜屋武岬から南は、ただ広大な海が続くのみ・・・
☆喜屋武岬
琉球では喜屋武を「きゃん」と発音し、これは「極み、突端」の意味である。最南端の岬ということで喜屋武岬とつけられたそうです。岬自体は、海へ十数メートルほど突起した程度の小さな岬ですが、海面からは30メートルもの高さがあり、岩肌が切り立ったがけのようになっています。また、沖縄戦最後の激戦地としても有名です。沖縄戦跡国定公園にもなっています。
☆喜屋武岬への道のり
国道331号線をさらに南下するように外れ、喜屋武岬案内看板を頼りに畑道を走り抜けます。しばらくすると、喜屋武岬の灯台が見えてきて、駐車場へ入ります。途中は草むらやさとうきび畑の間を通っていきますが、不安にならないように・・・。土日や観光シーズンですと、一本道ですので、駐車場に入る車の渋滞に巻き込まれる可能性がありますよ。ご注意ください。
☆戦争と平和への願い
太平洋戦争末期に、アメリカ軍に追いつめられ、行き場を失った人々が極まって身を投げた悲劇の地でもあります。そこに、平和の塔が建立され、恒久平和と鎮魂の思いが込められています。この平和の塔は、 沖縄戦終結前の6月20日に亡くなった第62師団の将兵の方々を悼んで昭和27年に建てられたそうです。
☆喜屋武崎灯台
この灯台は、戦後現在地の東方およそ120mの所にアメリカ軍によって設置された荒埼灯台を前身とし、施政権返還後の1972年(昭和47)6月22日に設置、初点灯されました。
灯塔高 14.91m(地上~塔頂)
所在地:
〒 901-0354 沖縄県糸満市喜屋武
喜屋武岬

糸満市商工水産課観光振興係
TEL 098-840-8137
URL: http://www.city.itoman.okinawa.jp/
主なアクセス
那覇空港から車で約30 分
路線バス :
那覇バスターミナルから沖縄バス、琉球バス糸満線(32・89)で30分、糸満バスターミナル下車、琉球バス南部循環線喜屋武廻り(108)に乗り換え10分、喜屋武下車、徒歩20分
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved