沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島南部観光 > 那覇市内の観光地 > 一中健児之ナ

沖縄 一中健児之塔

戦没者の名前が刻まれた場所は、糸満 慰霊の塔だけではありません。
首里城に程近い、首里高校(旧名:一中)でも、学徒兵を弔う塔が建てられています。
☆一中健児之塔
一中健児之塔は、1950年4月30日に旧沖縄県立第一中学校同窓会の浄財により元同校寄宿舎養秀寮跡に建立された。その後、創立百周年記念事業として養秀会館の建設と同時に一中健児之塔の改修移設が行われ、昭和54年に除幕式、入魂式が挙行された。
☆戦時中の一中
第二次世界大戦の最中、昭和二十年三月二十七日、沖縄県立第一中学校(首里高等学校の前身)においては、米軍の砲爆撃下この地で異例・悲壮な卒業式が挙行され、第五学年生と第四学年生が同時に卒業し、ただちに第三学年生と共に鉄血勤皇隊が編成され、第五砲兵司令部に配属された。また、前年十一月から通信隊要員として教育訓練を受けていた第二学年生は、三月二十八日、少年特別志願兵として電信兵第三六連隊に入隊を命ぜられ、各無線中隊に配属された。終始軍の一員としてその責務を遂行した。 非戦闘員であるべき学業半ばの年端もゆかぬ二百有余の学徒兵は、いまだかたい蕾のまま散華した。 先の戦争では、教職員、学徒兵を含め、八百有余の同窓の方々が戦没された。まことに痛恨のきわみである。
☆刻銘碑
刻銘碑は、既存の一中健児之塔の左側壁面の前に建てられ、高さ1.8メートル、横5.53メートルの黒御影石造りで、碑の上段に縁取られた一中の校章の「桜」が金色に輝き、一層の重みを増した感じがする。
☆一中健児之塔 周辺
首里城公園 :世界遺産 首里城
玉陵(たまうどぅん) :琉球王が眠るお墓
竜潭池 :15世紀に尚巴志王が掘らせた。
弁財天堂 :円鑑地にある中之島に建てられた弁財天堂
旧日本軍司令部跡 : 人知れず残る司令部跡
金城ダム :那覇市街地にだ・ダムがー!!
金城町の石畳 : 沖縄の昔ながらの道が残る。昔散策
識名園 :高貴な気分になれる復活した名勝・世界遺産
所在地:
〒901-0225
沖縄県那覇市首里金城町1-7
主なアクセス
那覇空港よりR58北上、泊高橋交差点右折、又吉道路を首里高校方面へ
路線バス : 首里識名線1番:泊線14番:
        糸満西原線46番:石嶺線17番
沖縄都市モノレール
儀保駅及び首里駅下車で徒歩15分 
さらに首里駅からコミュニティバスに乗ると守礼門入口バス停まで約5分(15~20分間隔で運行 100円)
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved