沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島南部観光 > 那覇市内の観光地 > 金城町のダ・

沖縄 金城町のダム

住宅地の中心に巨大ダムがっ!!
那覇市首里金城町にはダムと公園の融合地が存在します。
☆金城ダム 概要
 安里川は沖縄県の県都那覇市に位置し、その源を同士東部弁ヶ岳(標高165.3m)に発して市街地中心部を貫流し東支那海に注ぐ流域面積8.6km2、流路延長約7kmの二級河川である。  安里川の中流より河口にかけて市街地の真只中を流れていて河積が極端に小さいため、例年のごとく氾濫・浸水し、特に昭和48年7月の台風3号では甚大な被害を受けた。
 このような状況の中で、河川改修を実施しているものの、河川沿いには民家が密集しており拡幅を伴う改修工事を行うことが困難なうえ、都市化の発展に伴い安里川流域の末端まで宅地化が進行し流出量は増加の傾向にある。
このようなことから、安里川の洪水氾濫を防除する抜本的対策として、上流にダムを建設して洪水調整を行うとともに既得用水の補給を行い、流況の安定化を図るものである。
資料:県ダム事務所参照
☆金城ダム
ダ   ム 貯 水 池
型  式 重力式コンクリートダム 集水面積 1.7km2
堤  高 19.0m 湛水面積 0.04km2
堤 頂 長 120.0m 総貯水容量 510000m3
ダム
天端標高
EL 52.0m 有効貯水
容量
470000m3
堤 体 積 14250m3 常時
満水位
EL 36.4m
設計
高水流量
40m3/s サーチャージ
水位
EL 49.5m
設計
洪水流量
100m3/s 設計
洪水位
EL50.5m
放  流  設  備
常用洪
水吐
オリフィス自然調節
高さ1.0m
×幅1.35m×1門
非常用洪
水吐
クレスト由越流
高さ1.0m
×幅40.5m
低水放流
設備
φ250mm/
φ100mm
非常用放流
設備
φ350mm


☆金城ダム周辺
識名園 :高貴な気分になれる復活した名勝
首里城公園 :世界遺産 首里城
金城町の石畳 :ちゅらさんの舞台にもなった名所
玉陵(たまうどぅん) :琉球王が眠るお墓
竜潭池 :15世紀に尚巴志王が掘らせた。
弁財天堂 :円鑑地にある中之島に建てられた弁財天堂
旧日本軍司令部跡 : 人知れず残る司令部跡
一中健児の塔
 県立一中(現在の首里高校)生徒、職員を祀った慰霊碑
☆ヒジ川橋
ヒジ川橋は、首里崎山町にあった御茶屋御殿から識名園に至る途中の金城川(現安里川上流)に架けられ、琉球石灰岩を用いた単拱橋(アーチが1つの橋)で、17世紀半ばまでにはつくられていたと考えられています。  全長13.18m、幅5.2mで、橋の中央部が少し高くなり、3段の階段式になっています。欄干は、切石を利用した質素なつくりですが、見えない部分にほぞをつくって巧みに組み合わせています。
橋のアーチは円弧を用い、橋脚部は布積みで、その他はあいかた積みにしています。
川床にも石を敷いて、橋脚部を川の浸食から防いでいます。
所在地:
沖縄県那覇市
繁多川4-553-2

金城ダム管理事務所
TEL:098-885-5210
主なアクセス
那覇空港より東バイパス北上、県道82経由、
首里城方面へ車30分

ゆいレール:首里駅から徒歩15分
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved