HOME > 沖縄情報 > 本島南部観光 > 南城市の観光地 > 垣花樋川(・

全国の名水百選に指定されている天然の泉。

垣花樋川(カキノハナヒージャー)って?

垣花樋川(カキノハナヒージャー)天然の美しい川や泉を保全して後世に伝える目的で推薦され、昭和63年に環境庁の全国名水百選に選ばれました。石畳の急な坂道を100メートル程降りていくと、丘陵の斜面に湧き水があります。回りが石垣で囲まれており、左側上のイナグンカー(女の川)は女性が使い、右側下のイキガンガー(男の川)は男性が使っていました。

馬浴(ウマアミシー)川って?

垣花樋川(カキノハナヒージャー)馬浴(ウマアミシー)川で、馬に水を飲ませたり、体を洗ったりしていたと伝えられています。樋川から垣花の集落へは傾斜のある石畳道があり、かっては村の人々がこの川で水浴びをしたりしてました。石畳の途中には中休みの石(ナカユクイイシ)と(ウエユクイイシ)が、今でも残っています。 現在は送水管で生活用水として、また初ウビーの拝所として参拝者が訪れています。

入口にはこんなものが・・・

垣花樋川(カキノハナヒージャー)垣花樋川の入口に、記念碑?の様なものがありました。県指定史跡・垣花城跡と書いてありました。建設昭和48年3月とあります。 道路沿いに建ってるので分かりやすいかと思います。案内版?もありましたがアルファベットのスペルがちゃんとカキノハナヒージャになってるのは沖縄らしいと思いました。

急坂の石畳

垣花樋川(カキノハナヒージャー)垣花樋川に続く石畳の坂があります。結構急な坂道で、少しでこぼこしています。思ったよりも距離があるので、シューズをお勧めします。石畳の途中には一休みできる石もあり、中休みの石(ナカユクイイシ)と(ウエユクイイシ)が今でも残っています。

近隣の観光地

●奥武島
所在地: 南城市玉城字奥武
沖縄本島南端付近の玉城にあり本島と約100mの橋で結ばれる小さな島です。

●おきなわワールド玉泉洞王国村

住所:南城市玉城村前川1336番地
4-9月:9:00/17:30 10-3月:9:00/17:00 年中無休

●斎場御嶽
所在地:南城市知念字久手堅サヤハ原
沖縄本島の御嶽のなかでもっとも有名であり、第一の霊場といわれています

垣花樋川(カキノハナヒージャー)情報

住所:〒901-1511 沖縄県南城市玉城字垣花

交通 :那覇空港から車で約50分 駐車場あり 2台

沖縄自動車道 : 南風原ICから車で約40分

バス:沖縄バス39番百名行(40分)(垣花)下車 徒歩20分

垣花樋川(カキノハナヒージャー)への地図

大きな地図で見る