沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 南部観光情報 > 豊見城市内の観光地

沖縄 旧海軍司令部壕

☆旧海軍司令部壕
昭和20年6月13日午前1時頃 旧海軍司令部壕は、熾烈を極めた沖縄戦において、日本海軍沖縄方面根拠地隊司令部のあった所で、司令官大田実少将ほか約4000名の将兵が、この壕で壮烈な最後を遂げた。
☆施設紹介
旧海軍司令部壕は、日本で唯一住民を巻きこんだ地上戦が行われた沖縄戦の日本海軍沖縄方面根拠地隊司令部のあった所で、その一部が現在公開されています。約4,000名の兵士が壮絶な最後を遂げた壕内は、司令官室、作戦室などが当時のまま残され、戦争の悲惨さ過酷さを訴え、平和を願う場となっています。併設の資料館では、壕内で発見された遺品や写真などが展示されています。
☆料金と施設概要

料金 参観料(大人) 420円  (小人) 210円  団体(大人) 380円 
営業時間など開館時間 8:30/17:00 定休日 年中無休
【面積】4,969.8m2
【施設内容】 壕の長さ:275m 昇降廊35m 司令官室、作戦室、幕僚室、医療室等 ・ビジターセンター (資料展示有り) ・海軍戦没者慰霊塔
【公園施設】面積6.5ha

☆中の様子

昭和19年8月10日着工、12月に完成した約450mの壕に、司令官室、作戦室、幕僚室、通信室、暗号室、発電室などが配置された地下要塞で、このうち275mが公開されている。 司令官室の白壁には、『大君の御はたのもとに死してこそ人と生まれし甲斐ぞありけり』という大田少将の愛唱歌が当時のまま残されており、壕全体が、太平洋戦争末期の悲惨な歴史を伝える平和希求のモニュメントと言える。

☆写真展
場所:〒9010241  
沖縄県 豊見城市 豊見城 236

旧海軍司令部壕事業所
TEL:098-850-4055

主なアクセス
交通 :
那覇空港から車で約20 分
沖縄自動車道
豊見城ICから車で約15 分
路線バス:
豊見城公園前バス停から徒歩で約15 分(停車バス : 33番糸満西原線(那)/46番糸満西原線(那)/101番平和台安謝線(那)巡回)

スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved