沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島南部観光 > 浦添市内の観光地 

沖縄 当山の石畳道

琉球王国時代に首里城と沖縄本島中部を結んだ石畳の街道
☆金武観音寺鍾乳洞って?
当山の石畳道当山の石畳道は、琉球王国時代、首里城から浦添(うらそえ)を通って宜野湾(ぎのわん)にいたる宿道の一部として整備された道です。牧港(まきみなと)川中流の谷間にS字状に伸びる全長200m、幅約3mの石畳の道です。かつてこの石畳は、重要な生活道路として人々が往来していたといわれ、「首里金城町(しゅり・きんじょうちょう)の石畳道」同様に、いにしえの琉球の暮らしを現在に伝えています。
☆境内
当山の石畳道 浦添大公園Cゾーン(都市環境緑地)の南端にある。Cゾーンの北端にある駐車場に車を停め、Cゾーンを縦断する牧港川に沿う遊歩道をてくてく。牧港川の中流(地元では「メーガーラ」という)に架かる橋を挟んだ谷間にあり、「馬転ばし」といわれた急坂を含む全長約200メートです。
☆料金
当山の石畳道辺りが激しい戦場となったにもかかわらず、ほぼ完全な形で残っているのは嘉数高地と前田高地の谷間(死角)になっていたためと考えられる。

所在地:
〒901-2104
浦添市 当山
当山の石畳道

TEL 098-876-1234
URL:http://www.urasoeshikankou.jp
/pages/history.html
主なアクセス
那覇空港から:那覇空港から車で約40 分

沖縄自動車道:西原ICから車(一般道)で約15 分

モノレール:
那覇空港からで(モノレール旭橋駅にて下車)
路線バス
: 那覇バスターミナルからバスで(那覇バスターミナルから55番のバスに乗り 仲間 にて下車、徒歩10分)
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved