沖縄情報 満載!沖縄方言(うちなーぐち)や琉球文化も勉強できる!沖縄旅行の前に南国独特の文化に触れて、もっと沖縄旅行を満喫しよう!!

沖縄情報うちな~ぐちフェスタ
>>HOME >>沖縄を知る >>沖縄文化 >>沖縄の季節 >>観光地一覧 >>施設一覧 >>沖縄料理 >>アクセス >>サイトマップ

HOME > 沖縄情報 > 本島中部観光 > 沖縄の海中道路

沖縄 海中道路

東洋一の呼び声高い、沖縄の【海中道路】
☆美しく、風光明媚な滑走路
太平洋に突き出た勝連(かつれん)半島から平安座島(へんざじま)を結ぶ全長4.7キロの道路が「海中道路」です。海の上を一直線に走る美しい道路で、この道路を使い平安座島(へんざじま)、宮城島(みやぎじま)、伊計島(いけいじま)へ渡ることができます。 海上の浅瀬を埋め立てた堤防と橋からなる風光明媚なポイントなので「海上を走る滑走路」とも「あやはし」(美しい橋)とも呼ばれ、ドライブコースとして有名になりました。
☆堤防道路だったのだ。。。
その後、地元住民が浅瀬に土を盛り、堤防道路を造ったのでいくらか便利になったのですが、堤防によって金武湾への海水の流入が殆どなくなり、湾内の環境が悪化しました。のちに国の事業として東海岸の観光化が進められ、現在の海中道路と周辺施設が整備されたのです
☆海の駅 あやはし
海中道路の中間地点には、公園と300台収容の駐車場を組み合わせたロードパークがあり、2003年4月には『海の駅あやはし館』がオープンしました。1階は地元でとれた野菜や魚介類、お土産などを販売する物産館、金武湾(きんわん)を臨むレストランも併設しています。2階は勝連半島を中心とした海運の歴史を展示した海の文化資料館となっていて、山原(ヤンバル)船や、貿易や運搬に利用されていたマーラン船の模型をみることができます。
☆昔と今
戦前海中道路が出来る前は、平安座島と勝連半島との行き来に、サバニという沖縄の伝統的な舟を使っていました。終戦後、干潮時に米軍の水陸両用車やトラックを使って往来をし、これが海の中を走ることから「海中道路」と名付けられたようです。現在の海中道路は、南側の海に干潟や藻場(海草がたくさん生えているところ)が広がり、シーズンには、多くの人が海水浴や潮干狩りに訪れ、水深の深い北側のほうではフィッシングやウィンドサーフィンを楽しむ人たちで賑わいをみせています。
所在地:
〒 904-2427
沖縄県うるま市与那城屋平

海中道路


TEL 
URL:
主なアクセス
那覇空港から車で約100 分

沖縄自動車道 : 沖縄北ICから国道329号を左折し2.5km、栄野比交差点を右折し、県道8号、37号を経由して11kmで海中道路入口。左折して海中道路を走り2kmでロードパーク駐車場

路線バス : 那覇バスターミナルから琉球バスもしくは沖縄バスの27番屋慶名線屋慶名バスターミナル行きで1時間45分、屋慶名バスターミナル下車徒歩10分
スポンサードリンク


沖縄本島 お役立ちリンク集
インターネット生活で便利・快適に過ごす為の番外情報です。
 右は沖縄情報お役立ちリンク
HOME | サイトについて | リンクについて | 相互リンク | ご感想 | ご意見・お問合せ | メルマガ | サイトマップ

Copyright; 2005-2006 Uchinaguchi All rights reserved