HOME > 沖縄を知る! > 海に囲まれた自然

海に囲まれた自然

八重干瀬八重干瀬(やえびじ)は、宮古諸島・池間島(いけまじま)から、さらに北に位置し、大小100以上のサンゴ礁から成り立っています。 南北12km、東西8kmにわたって広がる八重干瀬は、普段は海面下にあり、年に数回、大潮の ときにだけ海面上に姿を現わします。そのため、「幻の大陸」とも呼ばれています。 浮上する面積は、宮古島のほぼ10分の1。サンゴ礁群では、日本最大といわれています。 この八重干瀬への上陸は、宮古観光協会がガイドラインを決め、サンゴ礁を保護するため制限 されていますが、旧暦3月3日の八重干瀬祭りのときは、宮古フェリーより「八重干瀬観光」船が 運航され、上陸することができます。

八重干瀬ツアーに参加する場合、運動靴、長袖、長ズボンと日よけ帽子、サングラスは必需品です。 上陸する際には、自然を壊したりケガをしたりしないよう、海中観察指導員等の指示に従い、 足許を確認しながらゆっくり移動します。 生物採取は一切禁止されており、また、ウツボや  ウミヘビなど、危険な海の生き物には触らないこ とや、波打ち際  まで行かないよう注意が必要です。 散策時間は約1時間半程度です。