HOME > 沖縄の動物

固有種が多い沖縄の動物。「東洋のガラパゴス」を満喫しよう。

沖縄動物たち

セキツイ動物   無セキツイ動物
哺乳類 鳥類 爬虫類   昆虫類 甲殻類 軟体動物
両生類 魚類     刺胞動物 その他  

沖縄の動物について

イリオモテヤマネコ 沖縄の動物の特徴として、「生きている化石」といわれるイリオモテヤマネコノグチゲラセマルハコガメのような固有種が多い点があげられます。また、種分化の実験場的な様相が似ているところから、南米エクアドルの沖合に浮かぶ赤道直下のガラパゴス諸島になぞらえて「東洋のガラパゴス」ともいわれています。しかし、沖縄地方固有の動物たちは、環境の変化などによって環境省のレッドデータブックに選定されている種も多く、国や県が天然記念物として指定し、保護対策がすすめられています。貴重な野生動物が多いのは、沖縄地方が熱帯系の動物が分布する北限にあたっていることや、太古の時代に陸続きだった部分が分断されて周囲を海に囲まれてしまい、遺存種として生き延びる条件があったことなどが理由といえます。これらの稀少動物のうち哺乳類では、沖縄本島の近海にいて、近年絶滅の危機に瀕しているジュゴン(国指定天然記念物)や、西表島(いりおもてじま)だけにしか生息していない、ネコ科のイリオモテヤマネコ(国指定特別天然記念物)がよく知られています。また、慶良間(けらま)諸島にはケラマジカ(国指定天然記念物)が生息しています。このシカは本土のシカと比べて小型で、島から島へ海を泳いで渡る習性があります。しかし、個体数は近年激減しています。他にも、ケナガネズミ(国指定天然記念物)やトゲネズミ(国指定天然記念物)、南北の大東島にはダイトウオオコウモリ(国指定天然記念物)が生息しています。沖縄本島北部地域を、一般に山原(ヤンバル)と呼んでいますが、この山原に広がる森は、まさに生き物たちを育んできたすばらしい環境といえます。

ノグチゲラさまざまな動物がいる中で、鳥類には、ヤンバルだけに生息するノグチゲラ(国指定特別天然記念物)やヤンバルクイナ(国指定天然記念物)がいます。 いずれも数が少なく、生息地の開発や、天敵の問題、野生化した家ネコなどの犠牲になっていることなどが近年クローズアップされており、対策が急がれています。八重山地方の珍しい鳥としては、カンムリワシ(国指定特別天然記念物)やリュウキュウキンバト(国指定天然記念物)が挙げられます。

ヤンバルクイナ また、宮古八重山諸島には、日本のトカゲでは最大のキシノウエトカゲ(国指定天然記念物)がいて、体長が40cmにもなります。同じハ虫類では、石垣島や西表島などにセマルハコガメ(国指定天然記念物)という貴重なカメも生息し、沖縄本島のヤンバルなどにはリュウキュウヤマガメ(国指定天然記念物)がいます。渡り鳥のサシバは、東北地方で繁殖し、冬を暖かいフィリピンなどで越すために、沖縄地方、先島地方を経由して南下していきます。沖縄の島々は、このような鳥たちの中継地としても重要なのです。そして、昆虫類。蝶類や甲虫類など、南国独特の色や形をしたさまざまな虫たち。1983年に日本最大の甲虫として発見され、その長い前足が特徴のヤンバルテナガコガネ(国指定天然記念物)、羽を閉じると枯葉そっくりに変身してしまうコノハチョウ(県指定天然記念物)をはじめ、世界最大の蛾といわれるヨナグニサン(県指定天然記念物)などユニークな虫たちが数多くいるのです。