HOME > 沖縄を知る! > 沖縄の危険 > ハブ

陸で最大級の危険生物「ハブ」

陸の危険生物の代表は三角形の頭に鋭い目、牙から猛毒を注入する蛇、ハブです。体長の3分の2の長さが攻撃最大距離といわれているので、発見した場合は走らずに距離をとること。体長以上の距離を保てば大丈夫ですが、草むらや石垣の隙間などに潜んでいることがあるので注意が必要です。

咬まれてしまったら・・・

お茶や水で口をすす ぎながら何度も毒を吸い出し、心臓に近い方を縛るなど止血してすぐに病院へ。泡盛を持っているなら、ある程度の解毒になりますので、患部にかけるか、タオルにしみこませて抑えてください。